成分の種類と効果・効能

アルギニンの効果・効能でもっとも注目なのは性機能の改善と成長ホルモンの分泌

アルギニンの効果・効能

アルギニン不足は男性不妊症の原因

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、その効果・効能には精力増進、性機能の改善、成長ホルモンの分泌、免疫力アップ、心臓や血管の機能向上、筋肉の強化、アンチエイジング……など実にさまざま。

その中でも特に注目を集めているのが性機能の改善と成長ホルモンの分泌です。

性機能の改善

アルギニンは精子を作り、さらにその数を増やして運動性まで高めてくれます。不足すると、男性不妊症の原因になってしまうこともあります。

成長ホルモンの分泌

アルギニンは代謝を高めて成長ホルモンの分泌も促進します。それによって傷や怪我の修復も早くなります。

また、脂肪も燃焼しやすくなるので、ダイエットをしている方にはぜひ摂ってもらいたい成分です。

上手な摂取方法

アルギニンは体内でもグルタミン酸から生成されますが、その量は充分とはいえず、足りない分は体外から摂取しなくてれはなりません。

食べ物ではきゅうり、大豆、ひまわりの種、落花生、ごま、くるみ、鶏肉…などに多く含まれています。

サプリメントや精力剤でも

アルギニンはサプリメントや精力剤などでも摂取することができます。

サプリメントの場合だと主にアンチエイジング、精力剤だと主に精力増進や性機能の改善の効果を狙って配合されています。

副作用にはちょっと注意

アルギニンは毎日5g以上摂取すると下痢に症状が出ることがあります。

また、肝機能が低下している方が1日40~50g以上摂取すると、肝臓がやられてしまい、命の危険に晒されてしまうこともあるという報告も。

その他、統合失調症の方、ヘルペスウイルスや他のウイルスに感染している方も避けたほうがいいと言われています。

サプリメントなどで摂取する際にはこれらの点を頭に入れておいてください。

精力剤最新ランキングをチェック

成分の種類と効果・効能の関連記事